手編みで作り上げる布草履の魅力とは?

大切な方へのプレゼントに、手編みのアイテムはいかがでしょうか?甘橙東京では、職人が一つ一つ丁寧に仕上げた手編みの布草履「MERI」を販売しています。今回は、手編みだからこそ感じられる「MERI」の魅力をご紹介していきます。

手編みならではの快適な履き心地

手編みならではの快適な履き心地

「MERI」は、何年も布草履を作り続けてきた北国に住むおばあちゃんの知恵から生まれた商品です。そのおばあちゃんの知恵が最も感じられるのが、ふんわりとした優しい履き心地。あまり締めつけずに優しく編んでいくことで、ふんわりとした履き心地に仕上げています。

また、すべて同じ固さで編むのではなく、草履のフチと土踏まずで微妙に固さを変えているのも特徴の一つです。場所によって固さを調整する編み方は、手編みだからこそできる方法です。

紐の特徴に合わせて編んでいる

紐の特徴に合わせて編んでいる

「MERI」はすべて中空糸という紐を使っているのですが、紐に色をつけるための染料によって感触に少し差があります。感触の違う紐を同じ工程で編むと、履き心地に差が生まれてしまうものです。それを防ぐために、「MERI」を制作する際は紐の感触に合わせて編み方を調整しています。見た目ではわからない差ではありますが、このちょっとした調整によって快適な履き心地を生み出しているのです。

職人の丁寧な仕事が生み出す美しい仕上がり

職人の丁寧な仕事が生み出す美しい仕上がり

手編みのアイテムと聞くと、一つ一つが個性的で仕上がりがふぞろいというイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、「MERI」は経験を積んだ職人が丁寧に編んでいるため、手編みとは思えないほど美しい仕上がりになっています。この仕上がりを実現するために、甘橙東京では独自のカリキュラムを組み、1年の歳月をかけて職人を育成しています。今後も北国で古くから伝わる技術を伝承し、より多くの職人を育成していく予定です。

大切な方へ手編みのギフトを贈るなら、甘橙東京の布草履「MERI」がおすすめです。「MERI」は北欧をデザインテーマにしているので、他にはないおしゃれなカラーやデザインが人気となっています。

サイズも21~23cmのS、23~25cmのM、25~27cmのL、27~29cmのLLの4種類がございますので、男性もご使用いただけます。夏は素足で涼しく気持ちよく、冬はお気に入りの靴下と合わせて楽しく暖かくと、1年中心地よく履ける甘橙東京の布草履「MERI」は、ギフトにも最適です。

MERI Anne A019
MERI Anne A005
MERI Tove T015
MERI Mika M008

手編みの布草履をお探しなら甘橙東京

会社名
オレンジトーキョー株式会社
屋号またはサービス名
甘橙東京 (ダイダイトウキョウ)
住所
〒130-0014 東京都墨田区亀沢1丁目12−10 1F MAP
TEL/FAX
03-6658-8662
ホームページアドレス
http://www.daidai.tokyo